妊娠中に葉酸が必要な理由って?

葉酸を含むブロッコリー 妊娠
スポンサーリンク

葉酸を含むブロッコリー

きょうはちょっと堅苦しいテーマの記事です。でも、大切なお話ですので、最後まで目を通してくださいネ(๑′ᴗ‵๑)

ビタミンB群のひとつの葉酸は、おなかの赤ちゃんがすこやかに生育するために欠かせない栄養素。たんぱく質の合成に必要で、不足すると、赤ちゃんに障害がでたり、流産や死産の危険性があがります。赤血球をつくるのにも必要で、不足すると悪性貧血になる心配もあります。

葉酸は妊娠中、意識的に摂取する必要がある栄養素なンですね(ё_ё)

ただし、一度に大量に摂っても意味がありません。体内にたくわえることができませんから、毎日継続的に摂る、ということが大事。

スポンサーリンク

葉酸は、葉物野菜や果物、豆類、レバーに含まれる

葉酸を多く含む食べ物は、小松菜やほうれん草、ブロッコリー、アスパラガス、春菊などの葉物野菜、イチゴなどの果物、それから枝豆、モロヘイヤ、菜の花、トウモロコシ、レバーなどです。

注意したいのは、葉酸が水溶性だという点。水でごしごし洗うと、流れてしまいます。それと、熱にも弱く、加熱すると、大半が失われてしまいます。

妊娠時の1日の必要摂取量は400μg。上限は1000μg。これだけの量を摂ろうと思うと、ほうれん草なら5株以上、ブロッコリーなら8株以上、納豆では8パックも食べる必要があります。水洗いや加熱によるロスを無視しても、日常生活で必要量をカバーするのはなかなかたいへんなのです。

厚生労働省は、食事と別に、サプリメントで1日400μgの葉酸を摂取することを呼びかけています。わたしも妊娠中は「ベルタ」というサプリを利用していました。実際、多くの妊婦さんが葉酸サプリを利用しています。

https://belta-shop.jp/(ベルタ葉酸サプリ)

胎児の器官ができあがる妊娠初期は葉酸不足にとくに注意

先に書いたように、葉酸はおなかの赤ちゃんの器官形成に必要ですから、妊娠初期はとくに不足しないよう注意が必要です。葉酸をきちんと摂取することで、神経管閉鎖障害のリスクが減らせることがわかっています。

厚労省がサプリ利用を推奨しているのも、妊娠1か月前から妊娠3か月まで。この期間は、食事で積極的に葉酸を補給するとともに、できればサプリも併用するのがオススメです(-_-)

photo credit: Nomadic Lass via photopin cc

妊娠
スポンサーリンク

ワーキングマザーのリンゴです。初めての妊娠や育児で不安だらけ、こんなママさんパパさんたちと一緒に成長していけたらいいなあ、とか思いつつ、ゆるゆるやっています(๑′ᴗ‵๑) ツイッター、気軽にフォローくださいネ。下のSNSボタンから共有してもらえるとやる気もらえまっす♬

リンゴをフォローする
リンゴをフォローする
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
最新情報をお届けします。
こどもブログ

コメント