ベビー用品:出産前に揃える必要があるもの一挙解説

赤ちゃんとベビー用品 赤ちゃん
スポンサーリンク

ベビー用品は遅くとも妊娠9か月ごろまでにはそろえてしまいたいところ。でも最初の妊娠では、なにが本当に必要なのか、どうやって選べばいいのか、などがわからないものです。

そんな新米プレママさんに向けて、赤ちゃん誕生までにそろえておきたい、本当に必要なベビー用品をお伝えします(๑′ᴗ‵๑)

スポンサーリンク

ベビー用品の、絶対に必要なものリスト

リンゴ
リンゴ

赤ちゃんが生まれてすぐ必要になるベビー用品を順番にご紹介していきますね♬

衣類

出産前に用意しておくべきなのは、生後3カ月くらいまでに使うものです。赤ちゃんは1日に何度も着替えをしますから、思っているより多めにそろえると◎です。

  • 肌着(短肌着、コンビ肌着など)8~10枚
  • ベビー服(ツーウェイオール、カバーオールなど)5~6枚
  • おくるみ(アフガン)1枚
  • 帽子1個
  • スタイ(よだれかけ)1枚
  • ガーゼハンカチ10枚
  • ミトン1組
  • ソックス1足

肌着の基本は綿100%。肌着もベビー服も、サイズは新生児用の50cmだけでなく60cmも用意しておきます。赤ちゃんは、すぐに大きくなりますからネ(^-^)

直接肌に触れる衣類は、赤ちゃんが着るまえに一度お洗濯しておきましょう。デザインのかわいさに目が向きがちですが、まず吸汗性や通気性、肌触り、丈夫さなどを重視して選びましょう。

ベビー服、最初に必要なもの&人気アイテム徹底チェック 
赤ちゃんの素肌はとってもデリケート。体温調節もまだうまくできません。肌着やベビー服はお肌にやさしいものを選びたいものです。 素材は、肌ざわりがよく、吸汗性と通気性の高いものを。化繊でなく、吸湿性の高い綿100%が基本です。 ...

おむつ

紙おむつオンリーなのか、布おむつメインなのかは、ママの生活スタイルやお好みで決めればOK。それぞれ、必要なのはこんなものです。

  •   紙おむつ 2~3パック
  •   おしりふき 3パックくらい
  •   紙おむつ用ゴミ箱 1個
  •   布おむつ 30組くらい
  •   おしりふき 3パックくらい
  •   おむつカバー 3~4枚
  •   おむつ用ライナー 1箱
  •   おむつ用洗剤 1本

このほか、おしり用シャワーやおしりふきウォーマーといった便利グッズも。あると重宝しますが、なくても問題ありません。

紙おむつと布おむつ、結局どっち?
母の話では、昔は白いさらしや着古した浴衣でおしめ(おむつ)を手づくりしたそうです。でも、いまは市販品がほとんどですネ(๑′ᴗ‵๑) 紙おむつは蒸れやすいイメージですが、最近は通気性がよく、漏れにくいものが増えていますので、お好みで使い...

授乳グッズ、ミルク用品

母乳育児に必要な授乳グッズと、粉ミルク派に必要なグッズをそれぞれリストアップします。

  •   授乳用ブラジャー 2~3枚
  •   母乳パッド 1箱
  •   マッサージオイル 1本
  •   哺乳びん 2~3本
  •   哺乳びん用乳首 2~3個
  •   粉ミルク 1缶
  •   洗浄グッズ(洗剤、ブラシ)
  •   消毒グッズ 1セット

母乳育児派のママも、母乳の出具合によっては、哺乳びんが必要となります。白湯や搾乳した母乳を飲ませる際にも哺乳びんが必要ですから、最低1本は用意しておきましょう。

本当に必要な授乳グッズ、ミルク用品+人気粉ミルク比較
多くのママは、母乳と粉ミルクをうまく使いわけておられます。なかには、母乳だけで育てよう、と考えるママもおられますが、そういう場合も哺乳びんは必要です。その理由はのちほど(-_-) それでは、母乳育児とミルク育児、それぞれに必要...

ベビーベッド、寝具

赤ちゃんは1日中おふとんにいますから、快適な空間を用意してあげたいものです。赤ちゃんを迎える準備といえば、まっ先にベビーベッドが頭に浮かびますが、本当に必要かどうかよく検討してください。想像以上に場所をとりますし、あとから処分に困ります。

  • ベビーベッド、マットレス
  • ベビー布団(組み布団) 1セット
  • 防水シート 2枚
  • 敷きパッド 3~4枚
  • 綿毛布 1枚
  • タオルケット 1枚

寝具ではありませんが、わが家ではバウンサー(小型のゆりかご)が活躍してくれました。寝ているときは寝室のベビーベッドですが、起きているときはリビングのバウンサーでゆらゆら揺れている、というふうに、いつもわたしの目の届くところにいました。

ベビーベッドとベビー布団はこう選べ!
ベビーベッドはかならず必要というわけではありません。畳のうえにベビー布団を敷いてもOK。 ただし、元気なお兄ちゃんお姉ちゃんがいたり、犬を飼っていたりすると、赤ちゃんが床に転がっているのは危険かもしれません。ベビーベッドがあったほうが...

沐浴グッズ

赤ちゃんは新代謝が活発。毎日の沐浴は欠かせません。夏に生まれた赤ちゃんは1日2回、沐浴が必要です。すぐにあせもができてしまいますからね。

沐浴の際はベビーバスを使いますが、使用期間は短いですので、購入するならよく考えてから。レンタルでもOK。ベビーバスは、こちらなどが人気。空気を入れてふくらませるタイプで、場所をとらないし、持ち運びも楽ちんです。

リンゴ
リンゴ

生後1年が過ぎてもベビーバスを使っているママさんもいます。でも、生後1カ月から大人とお風呂に入っても大丈夫。うちはそうしましたので、ベビーバスを買いませんでした。里帰り中は、実家にあったベビーバスを使用しました。

  • ベビーバス 1台
  • ベビーソープ&シャンプー 各1本
  • 沐浴剤 1本
  • 湯温計 1個
  • ベビーローション 1本
  • ベビーオイル 1本
  • ベビークリーム 1本

沐浴剤から下はなくても大丈夫。必要なら出産後に買えばOKです。赤ちゃん用のスキンケア用品はとにかくたくさん種類があります。お肌に合うものを探してあげてくださいネ。

グルーミンググッズ

赤ちゃんのからだの、小さなパーツをケアするのに使う道具です。

  • ベビー用爪切り 1個
  • ベビー用綿棒 1ケース
  • ベビー用体温計 1個
リンゴ
リンゴ

ここに関してはまとめ記事がありませんので、わが家で使っていたものを紹介しておきますネ。

外出グッズ

生後1カ月を過ぎるころから、お出かけが楽しめるようになります。A型ベビーカーやだっこひもを用意しましょう。

A型ベビーカーは使用期間が短いのでレンタルでもOK。うちはマンションなので、巨大なA型ベビーカーを置いておく場所がなく、だっこひもだけで新生児期を乗り切りました。なんとかなります^^

リンゴ
リンゴ

ベビーカーにはA型やB型などがあります。首のすわっていない赤ちゃんを寝かせたまま運べるのがA型。座って乗る、一般的なタイプはB型と呼ばれています。

  • A型ベビーカー1台
  • だっこひも1組
  • マザーズバッグ1個
  • チャイルドシート(ベビーシート)1台

チャイルドシートは、自家用車があるなら必要ですが、なければもちろんいりません。産院からの退院にはタクシーを使えばOK。タクシーは、チャイルドシートの設置義務がありません。

おすすめの人気ベビーカーの選び方(種類&比較)
ベビーカーには、大きく分けるとA型とB型があり、赤ちゃんの成長に合わせて使い分けていくことになるのだ! という、ベビーカー選びの基本の「き」を知らず、わたしはサイズと軽さとお値段だけをチェックして、出産前にB型ベビーカーを買う、と...

マザーズバッグはいろいろありすぎて迷いますが、経験からリュックタイプが便利です。両手が飽きますからネ(๑❛ᴗ❛๑) これはAmazonで大人気のマザーズバッグです。

まとめ

赤ちゃんが生まれてすぐに必要となるベビー用品を駆け足でご紹介しました。

これを下敷きにして、ご自分専用の購入品リストをつくってみるといいですよ。買い忘れ防止に役立つはずでっす(๑′ᴗ‵๑)

 

photo credit: Raymond Bryson via photopin cc

赤ちゃん
スポンサーリンク

ワーキングマザーのリンゴです。初めての妊娠や育児で不安だらけ、こんなママさんパパさんたちと一緒に成長していけたらいいなあ、とか思いつつ、ゆるゆるやっています(๑′ᴗ‵๑) ツイッター、気軽にフォローくださいネ。下のSNSボタンから共有してもらえるとやる気もらえまっす♬

リンゴをフォローする
リンゴをフォローする
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
最新情報をお届けします。
こどもブログ

コメント