おすすめの人気ベビーカーの選び方(種類&比較)

ベビーカー 赤ちゃん
スポンサーリンク
ベビーカーには、大きく分けるとA型とB型があり、赤ちゃんの成長に合わせて使い分けていくことになるのだ!

ベビーカーがたくさんある光景

という、ベビーカー選びの基本の「き」を知らず、わたしはサイズと軽さとお値段だけをチェックして、出産前にB型ベビーカーを買う、という失敗をおかしました。

リンゴ
リンゴ

B型は、おすわりできるようになってから使います?(‐_‐)σ

ベビーカーの種類や選び方などをわかりやすくまとめながら、人気のベビーカーも紹介していきます。プレママさんは、わたしの二の舞を演じないでくださいネ(^-^)v

スポンサーリンク

ベビーカーの種類を比較しながら、おすすめの人気商品も紹介

A型とB型、AB兼用型があります。最近は、海外製品やバギーも人気です。

ベビーカーの種類詳細
A型生後1か月以降の、首が据わっていない赤ちゃんでも使える。
B型生後7か月以降の、おすわりができる乳幼児向け。
AB兼用型あおむけでも座っても乗れる変形タイプ。
海外製品ストローラーや3輪バギーなど。デザインが個性的。
バギー生後7か月から使えて、B型より軽量コンパクト。

それぞれくわしく解説していきます。

A型ベビーカー(生後1か月~2歳)

座面がフルフラットになり、赤ちゃんを寝かせたまま乗せられます。生後1か月から2歳くらいまで使えます。

対面式(ママの顔が見えるタイプ)と背面式(外の景色が見えるタイプ)があり、最近は対面式と背面式を切り替えられる “両対面式” が人気。頑丈で振動にも強いとあって、安全に移動できます。

ただし頑丈なぶん、どっしりと重たく、折りたたみがたいへん。小回りがきかないから、生後半年~1年くらいで、バギーかB型ベビーカーへ乗り換える方がほとんどです。置き場所もとります。B型ベビーカーより値の張るものが多いため、レンタルを考える手もあります。

おすすめの人気A型ベビーカー

コンビの両対面式「メチャカル」 アップリカの両対面式「オプティア」
コンビA型A型ベビーカーも最近は軽量が進んでいて、これなんか5kg弱。独自開発の振動吸収システムで、段差やデコボコ道でも赤ちゃんも楽ちん。月齢1~36か月対象。 アップリカA型こちらも振動軽減システム搭載。最大40%も不快な振動を減らしてくれますから、ガタガタ道でも赤ちゃんスヤスヤ。重量6.4kg。月齢1~36か月対象。
リンゴ
リンゴ

生後7か月ごろまでは赤ちゃんも軽いです。だっこひもだけで乗り切ることも十分可能です。

おすすめのだっこひも(ベビーキャリア)

だっこひもは、生後すぐに使えるタイプを選ぶとベストです。わたしはベビービョルン(世界中で高い信頼を獲得している北欧メーカー)のベビーキャリアを愛用していました。新生児から11kgまで使えます。

ベビービョルンのベビーキャリア エルゴベビーのベビーキャリア
ベビービョルンのベビーキャリアママやパパとぴったり密着できるから、赤ちゃんも安心。わたしが買ったころは2万円近くしていましたが、最近は1万円を切っています。お値打ち(ё_ё) エルゴの抱っこひも人気の高いエルゴベビーの定番アイテム。体面のほか、おんぶや腰抱きにも使えます。0歳からOK。出産祝いのプレゼントに贈るととても喜ばれました。

だっこひもなら、赤ちゃんを抱えたまま自転車に乗れます。買い物もしやすいし、電車やバスの移動も楽々です。なによりママと密着していられますから、ベビーカーに乗るより、赤ちゃんはご機嫌で、幸せそうなのです٩(๑❛ᴗ❛๑)۶

B型ベビーカー(生後7か月~3歳)

座った体勢で乗るベビーカーです。おすわりができるようになった生後7か月くらいから使えます。

A型より軽く、小さく折りたためるタイプが主流です。3歳くらいまでは、行楽に出掛けたりして疲れると、子どもはすぐにベビーカーに乗りたがります。

だっこやおんぶをしてあげてもいいのですが、広大な遊園地や動物園で、長時間のだっこやおんぶは、パパやママにも負担。対象年齢2歳まで、という製品が少なくないのですが、うちは3歳くらいまで使えるものを探して買いました。

おすすめの人気B型ベビーカー

コンビのB型ベビーカー アップリカのB型ベビーカー
コンビのB型片手操作可能な構造。3.7kgとかなり軽量。片手で折りたためます。大きいサンシェードが、直射日光から赤ちゃんをガード。3歳まで。2万円前後。 アップリカのB型ベビーカー3.5kgの超軽量タイプ。こちらも片手で開閉可能。シート位置が高く、赤ちゃんが地面からの放熱の直撃にさらされずにすみます。3万円前後。3歳まで。

AB兼用型ベビーカー(生後2か月~2歳)

AB型兼用ベビーカーA型とB型の兼用です。形状を切り替えることで、ねんねの状態で乗せることもできれば、座って乗せることもできます。ただ、安定性や振動対策はA型ベビーカーに若干劣るため、対象年齢2か月からというものがほとんどです。

従来は、B型より重いものが多かったのですが、最近は改良され、B型と同じくらいの軽さのものも増えてきているようです。

でも中途半端な印象は否めない(-ω-) 軽さやコンパクトさ、とりまわしのよさを重視するなら、AB兼用型でなく、やはりB型かストローラー、バギー(後述)がオススメです。

3輪バギー(生後3か月~3歳)

ベビーカーを押す、行けてる外国人ママたち

イケてるママさんがおしゃれなベビーカーといっしょにNYの五番街やセントラルパークあたりをお散歩していたり、オープンカフェでママ友と優雅にお茶していたり――。

こうした海外ドラマの影響でしょうか、海外製のベビーカーが最近、日本でも注目を集めています。

3輪バギーは、日本のパパママにも大人気。都内では、もうめずらしくありません。3か月~3歳まで使えます。

なにしろ、頑丈ですし、カッコいいし、目立ちますからね。ただ、3輪バギーを含め、海外製品は大型だったり折りたたみしにくいものが少なくありません。電車やバスをよく使う方には向かないでしょう。

ベビーカー購入前には、最寄り駅の改札を通り抜けられるかどうか、マイカーに乗せられるかどうかなどをしっかりチェックしておきましょう。

おすすめの人気バギー

エアバギーのCOCO3輪ベビーカー グレコの3輪ベビーカー
エアバギー AirBuggy COCO ココ 3輪ベビーカー チェリーレッドとにかくオシャレ。押しているだけで注目を浴びます。9.5kgもありますが、前輪が1個なので、操作性は◎。片手でスイスイ動きます。6万5000円前後。 グレコ 3輪ベビーカー シティトレック ネイビーNVエアバギーより幅が狭く、駅の開設も通過できます。乗り心地もグー。前輪タイヤが2つあるから、安定感バツグン。専用レインカバー付属。3万円前後。

ストローラー(生後7か月~3歳)

日本のB型ベビーカーに近い「ストローラー」 という海外製ベビーカーもあります。

こっちも大人気。日本のベビーカーは機能性重視のものが多く、突飛なデザインやカラーリングのものはほとんどありません。どれも無難。ところが海外のものはディズニーのキャラクターを大きくあしらったり、デザインが奇抜だったりして、生活に彩りを与えてくれそう。眺めているだけで楽しい製品がいろいろあります。

機能性が高くて、見た目もおしゃれとあって、日本のパパやママの中にも愛用者が多いのです。

おすすめの人気ストローラー

ディズニーのストローラー JEEPのストローラー
ディズニー B型 簡易 アンブレラストローラー ベビーカー 幌つきミッキーやミニーのほか、シンデレラやプーさんなどをあしらったタイプも。とにかく軽くて使いやすいと評判です。自立はしません。6000円前後。 ジープのストローラーJEEPの名を冠するだけあって、タイヤが大きく、全体に堅牢なつくり。サスペンションの効きもよく、悪路でも直進してくれます。自立可。5kg。9000円前後。

バギー(生後7か月~3歳)

B型ベビーカーより、さらに軽量コンパクト。かなり小さく折りたたむことができますが、自立しないものもあります。

アパートやマンション住まいで、ベビーカーの置き場所が玄関だという場合は、自立しないと不便です。購入の際はご注意あれ。

でも、電車やバスでの移動が多いなら、バギーはかなりオススメ。混雑してきたら、ほかの乗客たちの邪魔にならないよう、さっと折りたたんで片手で支え、もう片方の手で赤ちゃんを抱っこする、なんて芸当もお茶の子さいさいですからねー。

B型ベビ―カーと同じく、3歳くらいまで使えるものを選んでおくとベストです(ё_ё)

おすすめの人気バギー

JTCのベビーバギー エンドーのバギー
JTC ベビーバギー重量わずか4kg。とにかく軽いのが特徴です。5点式安全ベルト採用。コンパクトなので、電車移動でのストレスが激減します。5000円前後。3歳まで。 ENDOのバギーもっと軽いのがこちら。なんと2.8kgです。ただし対象年齢は2歳まで。ショルダーストラップつき。旅行など、いざというときのための1台に最適。2歳まで。

ベビーカーの選び方

ベビーカー選びのポイントは、

  • 最初に、A型ベビーカーが必要かどうか決める。
  • B型ベビーカー(ストローラー、バギー)は軽さを重視する。
  • 使い勝手と乗り心地にも注意を向ける。

買うのかレンタルするのか、あるいはだっこひもだけでいくのか。マイカーがあるなら、ベビーシートやキャリーとして使える多機能タイプのA型ベビーカー、という選択肢もあります。

多機能ベビーカーコンビのマルチベビーカー
1台5役の多機能A型ベビーカー。乳児のころは両対面式のA型として使い、ちょっと大きくなったらB型に大変身。さらにベビーシートやベビーキャリー、ロッキングチェアとしても使えます。眠っている赤ちゃんを起こさず、家の中まで運べるのはチョー便利(ё_ё)

バギーやB型ベビーカーはなるべく軽くて、折りたたみがしやすいものを目利きするとグーです。赤ちゃんを抱っこしながら、片手で折りたためるものだと、電車やバスに乗るときにとっても重宝しますので。ちなみに赤ちゃんが生まれる前にバギーやB型を準備する必要はありません。先に買っても、置き場所をとるだけです。

あと、注意したいのは、ベビーカーのハンドルの高さ

うちは、ハンドルの高さを気にしないで買ったので、パパにベビーカーを任せるたび、腰が痛いとこぼしていました。パパの身長が170cmを超えるなら、持ち手の位置が高いものか、高さを調節できるものを選ぶと失敗がありません。

レインカバーは必須アイテム

最後になりましたが、レインカバーはベビーカーの必需品です。あわせて用意しておくといいですヨ♪

ベビーカーのレインカバーベビーカー用レインカバー
A型、B型、バギーに対応。前面が開くから、装着したままで乗り降りOK。メッシュの窓があり、通気性◎。風や花粉、ほこり対策にも使えます。2400円前後。その価値は十分にありますヨ。

photo credit: kevinpoh via photopin cc
photo credit: skeddy in NYC via photopin cc

赤ちゃん
スポンサーリンク

ワーキングマザーのリンゴです。初めての妊娠や育児で不安だらけ、こんなママさんパパさんたちと一緒に成長していけたらいいなあ、とか思いつつ、ゆるゆるやっています(๑′ᴗ‵๑) ツイッター、気軽にフォローくださいネ。下のSNSボタンから共有してもらえるとやる気もらえまっす♬

リンゴをフォローする
リンゴをフォローする
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
最新情報をお届けします。
こどもブログ

コメント