【読み聞かせ絵本】迷ったらこれ! おすすめ絵本ベスト10


絵本を読む娘ちゃん

子どもがひとりで読んで楽しい本と、親子いっしょに楽める本って、じつは別物なンです。親が読み聞かせをしているとき、子どもが心底楽しめる本というのは、親の好きな本なのです。

読み聞かせにかぎらず、親が楽しむというのはとても重要。子どもは、親が楽しそうにしていると幸福感を感じるし、親が笑っているとつられて笑う、そういう生きものです。

ほら、いっしょにお笑い番組を見ていて、大人が吹きだしたら、子どもも大げさなくらい大笑いする。あれです。

わが家の絵本たちでも、親が子どもの絵本を選ぶとき、普通は子どものことを考えています。うちの子の年で理解できるかな、コレ読んだらやさしい子になりそうだな、頭がよくなるかもな……。いろいろ理由を探しながら本を買っていく。

語り手が、ワクワクしながらページをめくっていないと、物語のもつおかしみ、深み、迫力は子どもの心まで届きません。

あまたの名作絵本のなかから、大人が読んで「楽しい!」「おもしろい!」「ジンとする」と感じる、読み聞かせ向きの絵本を10冊、こどもブログが選り抜いてご紹介します。

[スポンサード リンク]

大人も楽しめる、読み聞かせの定番絵本10選

『だるまさんの』(推奨1歳から)
赤ちゃんがけらけら笑う! ぐずり対策本

『だるまさんの』の中ページ

だれもが知る名作絵本シリーズ「だるまさん」の2作目が、この『だるまさんの』。娘が1歳になる前に買ったいくつかの絵本のなかで、一番ハマったのがコレでした。 文章は、「だるまさんの云々」の繰り返し。作者のかがくいひろしさんは……(もっと読む)

『きんぎょがにげた』(推奨1歳半から)
指さしができるようになったら欲しい探し絵本

『きんぎょがにげた』中ページ

探し絵本に関しては、ぼくは一貫して「どこ?」シリーズを推しますが、あの絵本をきちんと楽しめる年齢は4~5歳から。絵に隠されたいろいろな物を探すのが目的ですから、それなりに固有名詞を知っていないとはじまらないのです。 でも……(もっと読む)

『ねないこ だれだ』(推奨1歳半から)
子どもが寝ないときに便利なデカダンス絵本

『ねないこだれだ』内面

はじめて絵本を買ったのは、たしか娘が1歳になる少し前。『だるまさんの』と『きんぎょが にげた』、それとこの『ねないこだれだ』をまとめて購入したのでした。 柱時計が午後9時を打ったら、すぐに寝ないとオバケがやってくるよー……(もっと読む)

『きゅうりさん あぶないよ』(推奨2歳から)
親子で大爆笑することウケアイの不条理絵本

きゅうりさんあぶないよ

天才スズキコージの真骨頂です。無言でずんずん歩くきゅうりがいきなり登場。熊やトナカイ、犬猫、牛、山羊といった動物たちがあわててうしろから、 「きゅうりさん そっちへいったら あぶないよ ねずみがでるから」 と口をそろえて……(もっと読む)

『がたごとがたごと』(推奨2歳半から)
列車に乗って、おばけの世界へ出発進行!

『がたごとがたごと』中ページ

一番好きな絵本かもしれません。 文章はきわめてシンプルなのです。物語のふりだしは都会の駅。「おきゃくがのります ぞろぞろ ぞろぞろ」。帰省客とおぼしきたくさんのお客が特急列車に乗り込んでいきます。その後はページをめくるたび……(もっと読む)

『ぐりとぐら』(推奨3歳から)
あの巨大な卵はなんと、♂♀の卵だった!

「ぐりとぐら」中面

『100万回生きたねこ』が100刷りなら、1963年発表の『ぐりとぐら』はなんと約200刷りを数えます。200回増刷されたのです。もはや定番中の定番。一家に一冊の正露丸的絵本です。 というわけで、みーんな大好き『ぐりとぐら』……(もっと読む)

『きりのなかのはりねずみ』(推奨4歳から)
子ども時代のひとりぼっちの心細さが蘇る

きりのなかのはりねずみ中面

ロシアの短編アニメ―ションの名作を絵本化したものだそうです。作り手は、世界的に評価の高いアニメーション作家、ノルシュテインさん。彼はこの作品について、こんなふうに語っているそうです。 「霧のなかで、主人公のハリネズミが……(もっと読む)

『どこ?』(推奨5歳から)
思わず手が赤くなるほど拍手しちゃった絵本

どこ? つきよの ばんの さがしもの 中面

思わず手が赤くなるほど拍手しちゃったのは、絵本『どこ? つきよの ばんの さがしもの』をはじめて読んだとき。いるんですねー、こういう細かい芸当をさらりとやってのける人が。 作者の山形明美さんは静岡出身の造形作家。幼児雑誌……(もっと読む)

『パパはウルトラセブン』(推奨5歳から)
すべてのパパが涙ぐむ絵本

パパはウルトラセブン中面

どこにでもあるパパと娘の日常ときずなを、ウルトラセブンにも娘がいた、という架空の設定を借りて、やさしさとおかしみたっぷりに描いています。 「お前なんか大嫌いだ」と、エレキングやゴドラ星人にいわれても全然へっちゃらなのに……(もっと読む)

『100万回生きたねこ』(推奨5歳から)
子より親が感動してしまった名作

絵本『100万回生きたねこ』中面

大人が感動する絵本として知られています。1977年の初版からすでに100刷りくらい。100刷りというのは、100回増刷したということです。超ロングセラーです。すごいです。絵本のマスターピースです。 絵本にしては長めの……(もっと読む)

[スポンサード リンク]

おわりに

娘が3歳を迎えた日、「よし、これからは毎日、絵本を読んでやるぞ!」と決意。が、ブランクが長すぎて、どんな絵本がいいのか、人気なのか、さっぱりわかりませんでした。

図書館へ行きました。深閑とした絵本コーナーでいろいろ物色していたら、子どものころに好きだった本と再開したりして、いつしか絵本の世界に耽溺していました。何度か通いました。

図書館で出会ってうちの書架にもほしいな、と感じたものは買いました。このページにあるのはそういう絵本です。

子どもとの時間を充実させるには、子どもを喜ばせるまえに、自分を楽しませること。この記事を読んでくださった方がそういう絵本と出会い、お子さんとの満ち足りた時間をもてますよう――。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>