産院への入院準備


産科へ入院妊娠8か月を過ぎたら、いつお産がやってきても大丈夫なように、産院への入院準備をしっかりすませておきましょう(๑′ᴗ‵๑)

妊娠37週以降は正期産といって、もういつ分娩がはじまってもおかしくない時期なンです。切迫早産になったり、破水する可能性だってありますからね。

妊娠37週以上、42週未満を正期産、42週以上を過期産、37週未満を早産といいます。

準備はこの手順でおこなうと完璧でっす。

  1. 必要なものをリストアップ
  2. 産院のパンフレットで、産院が用意してくれるものを確認
  3. 不明点を、産院に確認する

必要品は以下にまとめていますけれど、産院によってあるものないもの、必要なものとそうでないものは多少異なるようです。たとえば、入院したらもらえるお産セット(産褥パッドや洗浄面が入っています)は、産院によっては入院着やガウン、スリッパまで入っていることもあるらしいです。

ですので、リストアップが終わったら、パンフや口頭で最終確認をしておくと、手抜かりがなくてグーなのであります(^-^)v

[スポンサード リンク]

入院のための準備品

わたしが実際に持参したものや、持っていけばよかった、と入院後に後悔したものなどをご紹介しますので、参考にしてください。

必携グッズたち

まずは絶対に忘れてはならない品々です。入院時のみならず、外出時はつねに持ち歩いておいたほうがいいものばかり。ひとまとめにして、バッグに放りこんでおきましょう☝

  • 母子手帳イメージ母子手帳
  • 健康保険証
  • 診察券
  • 印鑑(ここまでは入院手続きに必要)
  • タクシー代とタオル(急な破水に備えて)

入院生活の必需品たち

入院生活を送るうえで必要なものばかりです。パジャマやガウン、スリッパなどは産院で用意しているか、レンタルできるケースもあります。事前に助産師さんに聞いておきましょう。同じく、産褥ショーツやナプキンなども、売店やナースステーションでゲットできることがありますから、事前に確認を。

  • パジャマ
  • ガウン
  • 羽織るもの
  • 腹帯
  • スリッパ
  • 靴下
  • 授乳用ブラジャー
  • 産褥ショーツ
  • ナプキン
  • 洗面用具
  • 入浴グッズ
  • バスタオル
  • タオル
  • 化粧品
  • ケータイ
  • ティッシュペーパー

[スポンサード リンク]

あると便利なグッズ

ヘアピンやヘアゴムは、髪の毛の長い方はあると便利。授乳の際、想像以上に髪の毛が邪魔になりましたものです。それと、冬場は院内が乾燥しがち。リップクリームも重宝します。

いずれも入院時に持参する必要はなくて、あとで家族に頼んでもOKの品々ですが、いちおうご紹介しておきましょう(ё_ё)

  • デジカメ
  • ビデオカメラ
  • メモ帳、筆記具
  • ウェットティッシュ
  • 紙皿、紙コップ、ラップ、おはし
  • ハンガー、洗濯ばさみ
  • ヘアピン、ヘアゴム
  • リップクリーム

退院グッズ

こちらも、赤ちゃんが生まれてから、旦那さまやご家族に持ってきてもらっても十分に間に合います。わたしは、入院前にバッグにひとまとめにしておきました。

  • 赤ちゃん用衣類
  • おくるみ
  • ママの洋服

入院期間の目安

ついでながら、お産の平均入院期間は、

  • 自然分娩の場合、5~7日
  • 帝王切開の場合、10~14日

衣類などを用意する際の目安にしてくださいませ(๑′ᴗ‵๑)

photo credit: Joshua Shinavier via photopin cc





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>