【妊娠の方法】受精しやすいタイミング&コツ


妊娠しなくて悩む女性妊娠しないなあ……こんな不妊の悩み、最近とってもよく耳にします。初産年齢が全体的に上昇していることや、社会生活にストレスが多すぎることなんかも深く関与しているのでしょうね(-ω-)

かくいうわたくしも高齢出産(35歳以上の初産婦)直前でした。だもんで、タイミング法(排卵日をみはからって性交するだけ)を3か月くらい試してみてダメだったから、さっさと不妊治療に切り替えましたが、あとで調べてみたら、病院の扉を叩く前に自宅でやれることがほかにももっとあった模様――。

今回はそのこと(自宅でできる妊娠の方法)を簡潔にまとめてみようと思います。不妊治療って、かなり心理的障壁、高いですからねー。あと、やはりなんかつらい……。できることならやっぱりみんな自然に妊娠したい(-_-)

不妊治療の前に4STEP! 自宅でできる妊娠の方法

というわけで、あなたがいま取り組むべきは次の4つ٩(๑❛ᴗ❛๑)۶

  1. 基礎体温をつけて排卵日を計算せよ!
  2. 排卵日2日前から1日おきにセックスせよ!
  3. セックス後のケアをしっかりおこなえ!
  4. セックスする際は、この4つの注意点を守れ!

1.基礎体温をつけて排卵日を計算せよ!

2~3か月も基礎体温をつけていれば、月経排卵のタイミング妊娠しやすい時期がわかります。排卵日はふつう、体温がもっとも低い日に起こります。

月経周期と基礎体温表と妊娠しやすい時期、妊娠しにくい時期

基礎体温のつけ方は、体温計メーカー大手オムロンの公式サイトがくわしいです。リンクを貼っておきますから各自チェックくださいね。基礎体温表の印刷までできますよ(ё_ё)

なお、基礎体温表をつけはじめてみると、高温期と低温期がはっきりしなかったり、周期がバラバラだったりして排卵日の予測がうまくできないことも少なくありません。わたしもそうでした。もともと月経不順でしたから。わたしは体質ケアサプリを利用しました。月のリズムを整えてくれます。わたしが飲んでいたのは、その名もズバリ「コダカラ」(笑)。

基礎体温表がガタガタなんて方は、利用してみるのも手かも妊娠しやすいからだづくりにも役立ちます。

[スポンサード リンク]

2.排卵日2日前から1日おきにセックスせよ!

子作り精子と卵子の寿命はそれぞれ3日と1~2日妊娠の確率は、排卵日の2日前にセックスするのが一番高いことがわかっています。

ですので、次の排卵日を予測したら、その2日前から1日おきにセックスするとグー。セックスは、排卵が終わったことがわかるまで――つまり基礎体温があがりはじめるまでつづけます。

3.セックス後のケアをしっかりおこなえ!

まくらことがすんだら、お尻を15分くらい浮かしておきましょう

せっかくの子種ちゃんたちが流れてしまわぬように、です。わたしは、クッションか枕をお尻の下にあてがうようにしていました(-_-)

4.セックスする際は、この4つの注意点を守れ!

次の点に気配りすると、妊娠率がさらにアップします!

恥ずかしがる女性感じる!

気持ちのいいセックスをする――つまり女性が感じていると、受胎能力が増すことがわかっています。そういう強い男性の子孫を残そう、という本能でもあるのでしょうかね。ヒトのからだって、じつにアメージング(ё_ё)

恥ずかしがる女性夜より朝に!

夜より朝のセックスのほうが、妊娠しやすいことがわかっています。

朝は、男性の精子濃度が高いからです。

恥ずかしがる女性定期的に!

定期的にセックスすることも大切。精巣のなかの精子たちがいつもイキのいい状態を保つためには、新陳代謝が不可欠だからです。

旦那さまにはひとりエッチも積極的にしていただきたいものです。精子を溜めておこうなんていう考え方は大間違いなのです。

恥ずかしがる女性夏場より冬場!

秋から春にかけては、受胎能力がほかの季節より格段にアップすることがわかっています。日本人が農耕民族だからでしょうか。春から秋は農繁期と収穫期ですし、ご先祖さまが農閑期に子づくりに励んでいたなごりかもしれませんね。

まあ、理由は知りませんが、とにかく冬場は2倍妊娠しやすいのです(-_-)

まとめ

妊娠を希望されるすべての読者の方々に、かわいらしい赤ちゃんができることを心からお祈りして、この記事をしめくくりたいと思います。

最後までお読みくださいましてどうもありがとうございました٩(๑❛ᴗ❛๑)۶





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>