すべてのパパが涙ぐむ絵本『パパはウルトラセブン』


パパはウルトラセブン中面どこにでもあるパパと娘の日常ときずなを、ウルトラセブンにも娘がいた、という架空の設定を借りて、やさしさとおかしみたっぷりに描いています。

パパはウルトラセブン中面「お前なんか大嫌いだ」と、エレキングやゴドラ星人にいわれても全然へっちゃらなのに、「パパなんてきらい!」と娘にいわれたとたん、おたおたしてハートブレイクしていたり、正義のために戦う強くたくましいヒーローなのに、子どものおしりを叩きながら「本当にこれでいいのだろうか」と迷っていたり……。

そんな様子を、ポップなイラストでつづっていきます。

[スポンサード リンク]

パパはウルトラセブン中面地球の平和を守る大仕事にくらべるとうんとちっぽけな、そういう等身大の幸せや悩みに一喜一憂するウルトラセブンの姿に、世のパパたちは自分を重ねて共感しまくることウケアイです。

だって、外ではいっぱしの会社員として仕事をバリバリこなしていても、うちに帰ればみんなただの子煩悩パパですからね。

仕事にかまけて、子どもとあまりかかわろうとしないパパがいたら、この本をプレゼントしてみるといいかもしれません。わたしなんて完璧にツボに入ってしまい、初めて読んだときは何年かぶりにほろりとし、ううっ、と小さな嗚咽を洩らしていました(笑)。

MEMO
『パパはウルトラセブン』作・絵/みやにしたつや

パパがこどものころウルトラセブンはどんなにつらくても闘っていた。悲しみをのりこえて苦しさにまけないで闘っていた。パパは今、おとなになって闘っている。悲しいこと、苦しいことがある。泣きたいことだっていっぱいある。でも、それでも闘う。あのころのウルトラセブンとおなじように。それは、愛する人がいるから。(「BOOK」データベースより)

パパはウルトラセブン。パパはいう。「やさしいひとになるんだよ」 そんなパパもうれしかったり、落ちこんだり、争ったり、幸せだったりするんだ。それはね…。「おとうさんはウルトラマン」シリーズ。(「MARC」データベースより)





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>