無痛分娩の利点と欠点


赤ちゃん無痛分娩は、麻酔を使って、産痛(分娩中の痛みや不快感)を減らす方法。

妊産婦さんに心臓病や高血圧症、糖尿病などの持病があり、体力的に不安があるケースや、難産の可能性が高い場合などに用いられます。

あと、妊産婦さんが極端に痛みに弱い場合も、母子に大きなストレスがかかることが予想されます。これが、お産の進行のさまたげになる心配がある場合は、お医者さまの判断で無痛分娩を採用することもあります。

全身麻酔から局所麻酔へ

最近の主流は、全身麻酔でなく、局所麻酔。というのも、全身麻酔はどうしても麻酔剤の量が増えます。赤ちゃんの身体に影響があらわれる恐れがありますし、妊婦さんが完全に眠ってしまっていると、いきむことができませんし、産声を聞くという貴重な体験もできません。

局所麻酔ならこの点は大丈夫。

硬膜外麻酔がもっとも一般的

局所麻酔のなかで、もっともポピュラーなのは「硬膜外(こうまくがい)麻酔」です。

背中に固定したチューブから、背骨のなかにある硬膜の外側へ麻酔を入れて、下半身を麻痺させる方法です。陣痛初期から使えるとあって、子宮が収縮する痛みや、赤ちゃんが産道を通る際の痛みもやわらげることができます。

痛みを抑えつつ、子宮収縮を妨げることもないすぐれた方法で、意識があるからいきむこともできます。通常のお産と同様に、自分で産んだ、という実感を得ることができます。

局所麻酔にはほかに、陰部神経麻酔という方法もあります。

こっちは、分娩間際の会陰部の痛みをとりのぞくのが目的で、赤ちゃんの頭が見えたところで、陰部の神経に麻酔注射をします。痛みがおさまるのはここからですので、子宮収縮の痛みや、赤ちゃんが産道を降りてくる際の痛みは通常どおり感じることになります。

全身麻酔はマイナーに

全身麻酔は、静脈に麻酔を注入し、全身に麻酔をかける方法ですネ。

最近はあまりおこなわれなくなりましたが、緊急に手術が必要になった際や、妊産婦さんに持病がある際などに用いられることがあります。全身麻酔は子宮収縮の動きを弱めますから、分娩がある程度進んでから使います。

妊産婦さんが意識を失うため、いきむことができず、鉗子や吸引器を使って、赤ちゃんをひっぱりだす、という場面が多くなります。

ついでながら、全身麻酔には静脈注射以外に吸入麻酔という方法もあります。吸入器から霧状の麻酔剤を吸いこむ方法で、陣痛の発作が起こったら吸い、治まったらはずす、ということを繰り返します。

意識がなくならないので、いきむこともでき、お産を実感することができます。

[スポンサード リンク]

無痛分娩のメリット

無痛分娩の最大のメリットはやはり、

  • 痛みへの恐怖がとりのぞける

という点です。

この結果、痛みへの耐性が低い方でも、リラックスしてお産に望めるようになります。こうして、緊張がほどけると、お産がスムーズに進むことも多いのです。

  • 体力の消耗を減らせる

これも、無痛分娩の大きな利点。先述しましたが、心臓疾患を抱えていたりして、お産を乗り切るのが体力的に困難な場合などには大きな効果を発揮してくれます。産後の育児が楽、という声もあるようです。

無痛分娩のデメリット

欠点もあります。

  • 赤ちゃんに薬物の影響があらわれる心配がある

といっても、これは全身麻酔の場合。局所麻酔は必要最小限の麻酔剤しか使いませんから、心配はありません。

昔は、麻酔薬の影響で、赤ちゃんが意識もうろうとした状態(スリーピングベビー)で生まれてくることもあったようですが、いまではほとんどないようです。

なお、局所麻酔の硬膜外麻酔では、

  • 妊産婦の血圧の低下

という副作用があります。血圧低下が長時間つづくと赤ちゃんが酸素不足におちいりますから、分娩中は随時、血圧を確認し、点滴をおこなったりして対処します。

  • お産の全部を体験できない

というのも、見えざる難点といえます。

子どもを産み、子孫を残すという、生物的ないとなみのなかで、昔からすべての女性が経験してきたのが陣痛や産痛です。これを人為的に排除することで、精神的になんらかの影響をおよぼす、と指摘する向きもあるようです。

といっても、局所麻酔はそれなりに痛いです。無痛分娩経験者の友人に聞いても、「想像よりずっと痛かった」という声が多い。日本では「陣痛を乗りこえることで、本物の母になれる」という風潮がありますし、無神経な男性がそういうことを口にしたりしますが、大きなお世話(-_-) 欧米では、麻酔による無痛分娩は別段めずらしくないです。

[スポンサード リンク]

無痛分娩が可能な施設が少ないのも難点

無痛分娩がおこなえる施設は現在のところ、そんなに多くありません。

無痛分娩をおこなうかどうかは、医師の判断か本人の希望によって決まります。もし、自分で希望する場合は、病院選びの際、年間の実施件数を聞き、スタッフが無痛分娩になれているかどうかや、設備が整っているかどうかを確認しておきたいものです。

ちなみに、専門の麻酔医がいる病院なら、かなり安心です(๑′ᴗ‵๑)

出産費用が高くなる点にも注意

麻酔薬や技術料が加算されますから、自然分娩よりも費用はぐっとあがります。加算額は1~20万円と、病院によってまちまちです。こちらも事前にしっかり確認しておくとグーです。

薬物を使わない無痛分娩があるってホント?

ホントでっす。麻酔薬ばかりが、痛みを減らす方法ではありません。独特の呼吸法を駆使したリラックス術で、精神的に痛みをやわらげようとする無痛分娩だってあるのです。

まあ、「無痛」というとかなり語弊がありますけれども(笑)。

自然無痛分娩代表的なのは、「ラマーズ法」「ソフロロジー」「リーブ法」などです。麻酔による無痛分娩を希望されている方は、こういう選択肢もある、ということを覚えておいてくださいネ。

photo credit: theogeo via photopin cc photo credit: HoboMama via photopin cc





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>