生粋の日本人がインターナショナルスクール? 利点欠点は?


インターナショナルスクール

インターナショナルスクールといえば、まっ先に頭に浮かぶのは芸能人。木下優樹菜さん、小雪さん、梨花さん、吉川ひなのさん、紗栄子さん、伊東美咲さん……。

例を挙げたら枚挙にいとまなし。

それにしても、タレントママや女優ママたちはキチンとした考えがあって、子どもをインターナショナルスクールに通わせているのでしょうか。

友人夫婦(国際結婚)も、子どもを歴史のあるインターナショナルスクールへ通わせています。このケースはよくわかるのです。彼らの子どもは二重国籍児童だし、いつ海外へ引っ越すかわからない。同様に、帰国子女が自分と同じように子どもを海外の大学へ進学させたいからと、インターナショナルスクールを検討するのもまあ、わかる。

けれど、英語なんてろくすっぽ話せもしない日本人の両親が、わが子をインターナショナルスクールに入れたがる、というのはあまり理解できないのです。うちの娘は大和撫子(ヤマトナデシコ)なのだから、大和男児(ヤマトオノコ)と机をならべるべきだ、とか思うわけです。

あと、日本の教育システムのほうが、日本人の彼女にはフィットするはずだ、とも。

そんなふうに考えていたら、ある大きな問題に直面しました。考えてみたら、インターナショナルスクールの実態を、自分はなにも知らない。否定するだけの論拠がない。

そこで、インターナショナルスクール組の親御さんたちが集まるというパーティへ、呼ばれていなのに潜入し、気になったことを根こそぎ聞いてきました。帰宅後もいろいろ調べた。

それを備忘録的に記しておきます。

記事テーマは、

ごく一般的な日本人家庭にとって、インターナショナルスクールは、ステイタス感と優越感を感じる以外になにかメリットがあるのか? ないのか? むしろデメリットがあるのではないか?

というネガティブなものです(笑)。

でも、ジャッジは公平におこないます。記事の内容にも正確さに十分な注意を払いますから、安心してお読みください。

[スポンサード リンク]

インターナショナルスクールの利点と欠点、庶民の子が通うことの是非

アルファベッドのビスケット

グローバル化した世の中で、世界を股にかけて活躍する大人になってほしい。こんなふうに考えて、子どもをインターナショナルスクールに入れたがる日本人親が増えているようです。

しかし、こんな薄ぼんやりとした動機でもって、子どもの大切な将来を左右する選択を、親が勝手にくだすのは非常にまずい。インターナショナルスクールの特徴と利点と欠点を知れば、考えが変わるかもしれません。

1.英会話学校ではない

英会話スクール

インターナショナルスクールというのはそもそも、在日外国人のための教育施設です。入学すれば、子どもが英語ぺらぺらになる、と考えている方がいますが、misunderstanding!

英語で勉強する学校です。全授業、英語です。英語を身につけるために入学しようというのは、順番が逆。それ以前に、多くのインターナショナルスクールでは、入学条件に「海外の学校に3年通っていた程度の英語力」を掲げています。

2.家庭で英語力を身につけさせる必要がある

英語で読み書きできないと落ちこぼれます。これを回避するには、自宅で英語力を鍛えてあげるほかない。

国際結婚夫婦のように、片親がネイティブスピーカーで、家庭で英語が日常的に飛び交っているような状況ならなんら問題ありません。が、そうでない場合、入学前から入学後しばらくは英語の家庭教師が必要です。英会話スクールに通わせる、という手もあります。

どっちにしろ、これだけで年間数十万の出費です。

当然ながら、学校関係者は外国人が多く、やりとりは英語。書類も英語だったりしますから、父母のどちらかはしっかりした英語力が必要。さきほどの「misunderstanding」の意味が「思い違い」だとわからなかった親御さんは、ご自身も英語力を鍛える必要があります

もっとも、それを苦痛と感じるか、自分磨きができて楽しいと感じるかは、その人次第。現に、子どもをインターナショナルスクールへ入れると決めて、自分も英語の勉強を始めたら楽しくなり、以前は苦手だった海外旅行にも積極的に行くようになって人生ハッピー、という親御さんもおられますからねー。

3.とにかく学費が高い

ほとんどのインターナショナルスクールが、日本の義務教育とは無関係に運営されており、国の認可を受けていません。だから、助成金がもらえない。

学費が高いのは、覚悟が必要です。相場は、

  • 入学金30万円。
  • 年間授業料200万円。
  • 教材や管理費などでウン十万。
  • 寄付金を求められるところもある。
  • サマースクールを開催する場合、別費用。

さらに、後述するように、インターナショナルスクールへ入学するためには、幼児期から英語保育園に通わせる必要があります。英語保育園も、日本の認可保育園ではないですから、

  • 年間保育料100~200万円。

合算すると、

  • 小学校卒業までに最低2000万円。

が必要です。

中学部、高校部へ進学すれば、さらにこれ以上の学費がかかります。高校部卒業後は、ほとんどの子が海外留学します。海外留学費用の目安は、1年で200~350万円といったところです。

留学先大学の種類授業料+滞在費+食費の目安(年)
米国
2年性
190万円
4年性
350万円
大学院
295万円
英国
大学
265万円
大学院
250万円

子ども1人分の教育費で、都内でファミリータイプのマンションが買えますね。郊外なら、わりと広めの庭付き一戸建てが建てられます。

インターナショナルスクールの保護者に、お金持ちの外国人(外交官や企業幹部など)や、医者や弁護士、芸能人が多いのも納得ですね。

※授業料はあくまで目安。もっと安いところもあります。

4.欧米の教育カリキュラムを導入している

ハーバード大卒業式

インターナショナルスクールは、教育カリキュラムは欧米のものが中心。文部科学省が策定した「学習指導要領」は無視しています。

子どもをどうしても海外の大学に進学させたいなら、インターナショナルスクールという選択肢もアリです。実際、卒業後はハーバードやコロンビア、ケンブリッジ、バークリー音楽大学といった外国の名門校へ進学するケースも少なくないようです。

この場合に注意したいのは、「国際バカロレア資格」という、グローバルな大学入学資格が得られる学校(くわしくこの記事に書きましたが、ひらたくいうと国際的な大検資格です)を選ぶと◎です。

国際バカロレア資格を持っていれば、海外の大学を直接受験できます。一定の成績以上の子なら、海外の名門大学に入試免除で進学できることもあります。

が、海外留学を明確にイメージしていなかったり、日本の大学でもいいかな、とか考えているなら、わざわざインターナショナルスクールに入れる必要はありません。へたすると、卒業しても大学受験資格がなく、「大検」を受けなきゃならない、といった状況になりかねません。

※上智大学など一部大学は、インターナショナルスクール出身者も、帰国子女枠で受験できます。

5.スクールによって、教育レベルや学力差が大きい

しっかりとした教育理念をもち、優秀な教員をそろえ、一人ひとりの子どもの能力や特性に合わせた丁寧な指導をおこなっているところもあります。こうしたインターナショナルスクールは日本の名門私立のように設備も整っていることが多い。

反対に、公立の学校より設備が不十分で、教員資格のない外国人を集めて、カリキュラムも決めず、テキトーな授業をおこなっているという、駅前留学的な学校も実際に存在しているようです。

6.日本語力が育たない心配がある

インターナショナルスクールでは、学校の先生はもちろん、友だちとも基本的に英語で話します。また、日本の学校で習う「国語」は、インターナショナルスクールでは「日本語」となり、外国語扱い。平均で週2コマほどしかありません。日本の小学校の場合、国語の授業時間は週5~8コマです。

7.日本の学校への編入が困難なことも

文科省の見解によれば、インターナショナルスクールの小学部を卒業後、日本の中学校へ入学したり、同小学部から日本の小学校、同中学部から日本の中学校へ編入したりすることは基本的にできないということになっています。

「学教法」で定められた就学義務を果たしておらず、日本の小中学校の卒業資格をもたない児童・生徒だからです。市町村によっては、義務教育違反のかどで、どうして日本の小中学校に普通に通わせないのか、親に問い合わせするところもあるそうです(ま、都会ではまずないでしょう)。

ただし、実際のところは小中学校への途中編入はできるそうです。高校については、受験させてもらえないところもあります。が、たいていは帰国子女枠でなんとかなるケースが多いようです。

[スポンサード リンク]

結論

ここまでインターナショナルスクールの特徴、長所と短所をつぶさにみてきました。では、最初に掲げた「問い」を解いてみることにしましょう。

問い

庶民的な生活を送っている日本人家庭にとって、インターナショナルスクールは、ステイタス感と優越感を感じる以外になにかメリットがあるのか? ないのか? むしろデメリットのほうが大きいのではなかろうか?

普通の日本人の親御さんが、5000万円もかけて子どもをインターナショナルスクールへ押しこむ理由はみつかりませんでした。日本の国はもうダメだから、子どもは将来、海外移住させて、向こうで仕事をみつけさせるとか、そういう明確な目的意識がないかぎり、無意味でしょう。

これからの日本人には国際感覚が必要、とよくいわれます。インターナショナルスクールでこの国際感覚が身につく、ともいわれています。

が、そこで手に入る国際感覚というのは、外国の文化や生活習慣、思考の枠組み、価値観を知る、というようなことで、たしかに外国人とのコミュニケーションは上手になると思いますが、それは本物の国際感覚ではない、とぼくは思っています。

どういうことかというと、国際感覚というのはむしろ、パトリオティズム(愛国心)のなかから芽吹くものだからです。自分が生まれ育った土地への愛着、民族愛、それらに裏打ちされた歴史認識や民族的文化への理解と矜恃。そういう日本人としての核を身につけることで初めて、外国人と対等につきあえるし、彼らのリスペクトが得られるのです。

外国人と話していると、祖国意識というものをいつも感じるし、彼らは、多くの日本人が祖国への帰属意識が希薄であることを不思議がります。

国際感覚なるものを子どもに身につけさせたいなら、まずはひとりの日本人として、しっかり育てることを考えるべきでしょう。

小さいころからへたにインターナショナルスクールなどへ行き、外国人先生から海外の教育を受けたり、外国文化にどっぷり浸かっていたりすると、日本人ならだれしも持っている、歴史・文化面の共通認識が育たないし、日本人としての心――そう、大和魂が醸成されないという心配もあるのではないか、とぼくは思うのです。

外国の教育システムは、学問とならんで、祖国や民族社会への帰属意識をしっかり身につける、ということも大きな目的のひとつになっていますからね。

後日譚

後日、当事者である娘に、

「外国人の友だちがたくさんいる小学校と、日本人の友だちばかりの小学校、どっちがいい」

と聞いたみたら、

「うーん。どっちも……。てか、小学校行かなきゃダメかなあ」

勤勉と和の心を重んじる大和民族の血を引く者とは思えぬ、ふぬけた発言が帰ってきました。遺憾です。

おまけ

結論を出しておいてなんなのですが、インターナショナルスクール父兄パーティに参加して、せっかくいろいろと話を聞いてきたものですから、学校選びのポイントをここへまとめておきます。

 





生粋の日本人がインターナショナルスクール? 利点欠点は?」への6件のフィードバック

  1. MJ

    子供を老舗インターに通わせている者です。
    国際結婚をしているので、子供は第一言語が英語、将来また海外に出る予定なので、我が家としてはインター一択でしたが、こちらの記事には頷ける点が多々ありました。
    正直なところ、インターで問題児になってしまうお子さんは、実は生粋の日本人家庭の子に多いです。
    国籍や人種が日本人であっても、親がインター卒や海外育ちの方たちは別です。
    単に海外駐在期間が2年か3年あった程度で、「子供の英語力のために」とインターを選ばれるご家庭。
    色眼鏡で見るのは良くないですが、男の子も女の子も問題が多かったです。
    結局、親がちょっと無理して高額な学費を払っている方が多いため、子供にかける期待が大きいこと。
    そのために、学校外で数多くの習い事をさせたり、良い成績を期待し過ぎていること。
    結果として子供にストレスが掛かり過ぎているようです。
    大人の居るところと子供だけのところで態度が違うためお友達と上手くやれなくなる子、いじめを始める子、少し大きくなって来た頃に犯罪行為に走る子。
    問題が発覚すると、例外なく親御さんは事実を認めようとはせずに子供を庇います。
    そんなつもりじゃなかったとか、他の子が悪いとか。
    何度か繰り返すうちにお友達がいなくなり、孤立し、中学生になる前くらいでやめていかれる方も多いです。
    外国人保護者(もしくは国際結婚の日本人など)の間では、「ああ、また日本人の子か」みたいに言われることも多く、とても残念です。
    また、インターにステイタスを感じている方ほど、白人の教員をチヤホヤしてしまう傾向にあり、一部の教員は図に乗るというか、次第に日本人保護者を見下すようになってしまうようで、これも非常によろしくない、残念なことかと思います。

  2. HIMAWARI 投稿作成者

    貴重な書き込み、どうもありがとうございました。

    わが国は戦後、占領政策の影響もあり、アメリカ一辺倒でやってきました。英語は義務教育に組みこまれていますし、日本語に翻訳される映画や書物なんかもほとんどが英語から。そうして昨今、「国際人」をめざし、英語学習に打ちこむ人は老若男女問わず増えるばかり。

    もちろん、それを悪いと決めつけるつもりは毛頭ありません。

    でも、現在のほとんどの日本人の情報地図は米国中心で、そこへ迎合することが「国際化」だと思いこんでしまっている。これ、錯覚ですよね。

    真の国際人になるには、自国の歴史や自民族の精神史の足どりを知ることが不可欠だと思うからです。そのためにいちばんいい方法は、子どもに日本の書物をたくさん読ませること。これが、国際社会に出ていったときに必要なパトリオティズムを醸成し、ひいてはひとりの人間として成熟することにもつながっていくだろうと思います。

    お返事遅くなってしまいすみませんでした。忙しさにかまけ、ブログの更新作業をしばらく完全にお休みしていましたもので。。。

  3. Ck

    この記事を投稿された方はナショナリズムという言葉の重みをご存知でない、誠に国際的常識に欠けた方だ、という印象をもってしまいます。とても有意義な記事ですし、たくさんの方が読まれることでしょうから、ナショナリズムという言葉はパトリオティズムに訂正して頂きたいです。

  4. HIMAWARI 投稿作成者

    ご指摘ありがとうございました。深く考えずに使っていましたが、大辞林や広辞苑をひいてみると、「国家や民族が自己の統一や発展、ほかからの独立をめざす思想または運動」とありました。

    たしかに文脈にそぐわないですね。

    とても勉強になりました。ありがとうございました。

    公私ともすべて国内で完結してしまう、国際社会とは縁遠い生活を送っている、ぼくのような大人の日本人にこそ、インターナショナルスクールが必要なのかもしれません。

  5. てん

    かなり右寄りの方が多く残念ですね。
    ”国際感覚というのはむしろ、パトリオティズム(愛国心)のなかから芽吹く”
    ”日本人としての核を身につけることで初めて、外国人と対等につきあえるし、彼らのリスペクトが得られる”
    一見聞こえは良いですが、国際的な交流がないことを露呈しております。
    まずご自分の国際感覚を磨いた方が良いでしょう。

    根本的に交流と言う概念からすれば、
    欧米人であろうが、アジアであろうが、その他の地域であろうが皆対等です。
    国や宗教、文化など関係なく、一人間として皆平等に交流できるかは大事なことです。

    更に過度な愛国心は目を内向的にし、日本以外の文化を批判したがる傾向があります。
    仮に愛国心でなく日本を良く知るという表現であれば(良い部分も悪い部分も)
    当然賛成しました。
    と言うのも私も留学及び駐在経験があり、
    スレ主さんみたいな思想の肩をごまんと見てきました。
    また他国にも似た愛国心を持った方々とも交流を持ちましたが、
    総じて言えたのが、相手の立場を考えず常に持論を展開し相手が辟易し
    結局母国の人以外にまともな交流ができずに終わってしまっておりました。

    自国の良さも悪さも知り、その上で相手の文化も受け入れる。
    そうした感覚こそ大事なのではないでしょうか?

  6. HIMAWARI 投稿作成者

    コスモポリタン(国際人)でないことは十分に自覚しています。外国人の何人かの友人はいますが、なにせ日常的にオフィシャルに外国の方とやりとりする環境にはいませんし、海外留学をさせてくれるような余裕のある家庭にも生まれ育っておりませんもので。

    しかもいまさら磨きのかけようもないのです。じつに残念ですけれども。

    しかしてんさんのいう国際感覚というのはちょっとよくわかりませんでした。悪いところには目をつぶって日本を礼賛しようとか、他国の文化は切って捨てようなんて、ぼくはひとことも書いていないです。

    そもそも見ず知らずの他人をとっつかまえて右派扱いしたり、国際感覚を磨けとかいったりするのは、日本人としてのぼくのコモンセンス(良識)からすれば、いささかぶしつけで乱暴な気がするのですが。コスモポリタンにだって、他者への最低限のリスペクト、自分と異なる考え方や価値観への包容力、礼節といったものは必要だろうとぼくは想像します。

    なお、パトリオティズムの部分はもともと、ナショナリズムという言葉を使っていました。「それ、ちがうよ」という、読者の方からの指摘で変更したすることにしたのですが、このパトリオティズムという言葉もじつはしっくりときてはいません。

    というのは、ぼくのイメージしている「愛国心」は、てんさんが最後にお書きになったものとわりと似ているからです。自国の清濁をあわせ呑んで、そのうえで精神にたちあわられてくるなにものか、そこには日本という国――というより、ぼくらの先祖が生きて死んだ、ぼくらのルーツとしての土地――に対する愛着や矜恃、異文化への理解やリスペクトなんかが含まれるだろうなあ、なんて考えているのです。

    だから、世界のどこで生きていくにしろ、自国の歴史や文化、国語をまずはしっかり身につけることこそ、なにより大切なのではなかろうか、と。それが、精神の「タフさ」「懐の深さ」につながる、と。

    てんさんの周囲の、愛国心をお持ちの方々は「相手の立場を考えず常に持論を展開」していたとのことですが、それはたまたまか、あるいは前記の理由からぼくの思う愛国心の持ち主とは少々色合いが異なるのだと思います。

    ぼくのまわりにいるコスモポリタン――総合商社の海外担当や、国境を越えて活躍するカメラマン、新聞社の海外駐在員など――はみんな深い教養に裏打ちされた愛国心の持ち主ですが、それをひけらかしたり押しつけがましい議論をしたりはしません。日本に対する批判精神も旺盛です。外国人の友人も多い。

    ただ、彼らによると、外国暮らしの反動から過剰に愛国的になる人もいるといいます。異文化を否定したりする。

    思うにそのちがいは、愛国心というものが、自分が日本人であることの意味、ひいては自分のアイデンティティーの所在について思惟をめぐらせるための手掛かりとして機能しているかどうか、ということのようにも思います。

    いろいろ書きましたが、あくまでこれはぼくの世界観。世界にはいろんなタイプの人間がいて、いろんな生き方があって、いろんなものの見方がある。いろんな言葉の選び方がある。テーゼにはいつもアンチテーゼがある。

    むろん、あなたにはあなたの世界観がある。

    シニカルなコメントでしたが、時間を割いて書き込みいただいたことには感謝します。ありがとうございました。ただ、ぼくなりに丁寧に注意深く記事を書いたつもりでしたので、読んだときは正直ちょっとめげましたが(笑)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>