子どもの歯 – 乳歯から永久歯へ生え替わる時期&注意すべき点


歯の構造

乳歯が永久歯へきちんと生え替わるまで、子どもの歯の健康を守るのは親の務め子どもの歯がどんなふうに成長していくのか、それぞれの時期に親が注意すべきことはなんなのか、わかりやすくまとめてみます。よく知らないなあ……というママやパパは一度、目を通しておいてください。

[スポンサード リンク]

乳歯から永久歯へ生え替わる時期の注意点

乳歯は生後半年で生えはじめます。生えそろうのは3歳

歯並びは遺伝によるところが大きいのですが、生活習慣ももちろん関係します。食事内容噛みぐせ(右側ばかりで噛むとか)も歯並びを変化させます。なにより虫歯の害は見逃せませんよ。乳歯はやわらかく虫歯菌に侵されやすい。食後の歯みがきはとくに念入りに!

乳歯のイラスト生え替わりがスタートする5歳以降も、乳歯と永久歯が混ざり合う「混合歯列期」といって、ブラッシングしづらいため、虫歯になりやすい時期。要注意です。

混合歯列期は、歯の土台となっている骨格が成長する時期でもあります。子どもが健康な永久歯を手に入れられるかどうかは、この時期のケアにかかっています。

たとえば、この時期に虫歯になり、歯根や神経が痛んだとします。すると、永久歯のかたちや生え方に影響があることも少なくない。また、虫歯で抜けたり抜歯したりすると、左右の歯がその隙間を埋めてしまって、永久歯が生えるスペースがなくなってしまう。乱ぐい歯(ふぞろいの歯)になったりして、歯並びが悪くなるのです。

うちの娘のケース

娘の歯のイメージ4歳のとき、公園で転んで顔面をコンクリートにしこたま打ちつけました。前歯の神経が死んでしまいました。いまもほかの歯より黒ずんでいて、さわると少しぐらつきます。

近所の歯科医の先生の話では、これも永久歯に影響を与えるそうです。後日、レントゲンを撮ってもらったところ、永久歯の生える方向が少しおかしいぞ、とのこと。「とりあえず様子を見ましょう。たぶん大丈夫です」といってもらえましたが、歯は一生ものですし、永久歯が全部生えそろうまでは気が抜けません。

[スポンサード リンク]

乳歯&永久歯の名前、生えてくる平均的な年齢

乳歯の歯列と名前と生える時期
  1. 乳中切歯(上8~11か月、下6~7か月)
  2. 乳側切歯(上11~12歳、下10~11歳)
  3. 乳犬歯(上下とも1歳8か月ごろ)
  4. 第一乳臼歯(上下とも1歳6か月ごろ)
  5. 第二乳臼歯(上下とも2歳)
乳歯の歯列と名前と生える時期
  1. 中切歯(上7~8歳、下6~7歳)
  2. 側切歯(上8~9歳、下7~8歳)
  3. 犬歯(上11~12歳、下9~10歳)
  4. 第一小臼歯(上10~11歳、下10~12歳)
  5. 第二小臼歯(上10~12歳、下11~12歳)
  6. 第一大臼歯(上6~7歳、下6~7歳)
  7. 第二大臼歯(上12~13歳、下11~13歳)
  8. 第三大臼歯(上17~21歳、下17~21歳)

乳歯から永久歯、こんな順番で生え替わる

年齢
歯の成長
妊娠1か月じつはこの時期、おなかのなかでは赤ちゃんの乳歯がもうできはじめているのです。
4~8か月下あごの前歯がそろりそろりと顔を出します。
1歳上あごと下あごに前歯がそれぞれ4本ずつ生えます。これで、食べ物を噛み切ることができるようになります。その後、半年くらいかけて、第一臼歯と犬歯が生えてきます。
2歳第二臼歯が生えてきます。
3歳3歳になるまでに、乳歯が勢ぞろいします。噛み合わせも安定してきます。歯と歯のあいだに隙間があるのは、次に生えてくる永久歯が乳歯より大きいから。そのために幅を持たせてあるのです。隙間がなくても大丈夫。あごの骨も成長します。乳歯は虫歯が奥へ奥へと進行していきやすいため、ブラッシングは念入りにおこないましょう。
5~7歳永久歯への生え替わりがスタート。第一大臼歯(6歳臼歯といいます)から順番に生え変わっていきます。乳歯がぐらついたり抜けたりしますから、食べ物が食べづらくなる時期。あまり食べづらそうなら、食事メニューに気配りしてあげて。生え替わる時期は個人差が大きいので、遅れても心配無用です。遅い子では、8歳9歳まで乳歯のままということもあります。気になるなら、歯科でX線検査を受けておけば安心。
9~11歳第一大臼歯がようやく完全な大人の歯に。でも、生え替わりはまだまだつづきます。口のなかは乳歯と永久歯が混ざり合っていますから、ブラッシングしづらい時期。虫歯にはくれぐれも気をつけて。
14~16歳永久歯28本が勢ぞろいします。第三大臼歯というのは親知らずのこと。生える子と生えない子がいます。

子どもの虫歯は100%、親の責任。子どもの歯の健康について、わたしたちは最低限の知識はもっておかなければいけません(ё_ё)

 

photo credit: dsc03068.jpg via photopin (license)
【イラスト内キャプション】歯の構造 ●エナメル質 人体で一番硬い。半透明。ほとんどがハイドロキシアパタイト(リン酸カルシウム)できている。乳歯は大人の半分の厚みしかないため、虫歯にかかりやすい。●象牙質 歯髄のまわりにある、歯の中心材料。硬さは骨とほぼ同じ。年をとると分厚くなり、黄ばんでいく。●歯髄 歯の内部組織。血管や神経がある部分。ここに虫歯が到達すると痛みがあらわれる。●歯槽骨 あご骨の一部分で、歯の土台となっている骨のこと。歯周病は、歯周病菌によってこれが溶かされ、歯がぐらつく病気。●歯肉 ●血管や神経




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>