童謡10選 – 親子で歌いたい定番曲を歌詞つき動画でご紹介


童謡のイメージ冬の寒い夜、母がよく童謡を歌ってくれました。うちには表紙のすり切れたボロボロの歌詞本が2冊ありまして、妹とそれを見ては、「次はこれ」「ダメー、こっちがいい!」とケンカしながら母にリクエストし、自分たちもいっしょに口ずさんだりして……。

娘ができてすぐ、わたしは童謡のCDを買いました。娘がぐずるといつもそれをBGMとして聴かせていました。すると、たいてい、スヤスヤ寝入ってくれるのです。

たぶん、日本人の心の底に広がる原風景を表現した音楽だからでしょうね。

子々孫々へと伝えていきたい、定番の童謡を10曲、えりすぐってご紹介しましょう(-ω-)

日本人ならだれもが口ずさめるオーソドックスなものばかり。

動画と歌詞のほか、その歌にまつわるエピソードも添えておきます。子どもに歌を教えてあげるとき、わけしり顔でウンチクを傾けられるように(笑)。

「サボさんまいったな!」や「オフロスキーかぞえうた」もいいけれど、たまには日本のトラッドな歌に心をとっくり傾けてみるのもオツなもンですヨ。

子どもに伝えていきたい、定番中の定番の童謡10選

「赤とんぼ」の動画と歌詞

赤とんぼの歌詞

前半は「アメージング・グレイス」。「赤とんぼ」はまんなかあたりから。詩を書いたのは、詩人の三木露風さん。その数年後の大正10年(1921年)、あの名高い作曲家、山田耕筰センセがメロディをつけました。

露風さんは、幼少期にお母さんと生き別れになって、祖父宅で育ったそうです。その家には、若いお手伝いさん(ねえや)がいて、とてもかわいがってもらったそう。そういう少年時代の思い出を「赤とんぼ」の詩に焼きつけたわけです。

簡潔できれいな曲ですネ。シンプル・イズ・ベスト。単純であるからこそ力強い。うちの娘をカラオケに連れていくと、かならずこれを歌っています。

「故郷」の動画と歌詞

故郷の歌詞

どこもかしこもコンクリートで覆われてしまった現代とちがって、昔の子どもたちはみんな、野原や田畑を駆けまわり、虫を捕まえて魚釣りをして遊んでいました。わたしも、です。

子ども時代のそんな自然とのふれあいが、無駄のない、けれども無限の広がりを感じさせてくれる言葉と、格調の高いメロディーに乗せてつづられていきます。

作詞家の高野辰之と、作曲家の岡野貞一の手になるもの。この2人は名コンビ。ほかにも「春の小川」や「紅葉」「朧月夜(おぼろづきよ)」などの作品を生みおとしました。

大正3年(1914年)発表の曲。

「どこかで春が」の動画と歌詞

どこかで春がの歌詞

春の合唱の定番曲ですね。これも大正時代、大正12年(1923年)につくられました。

雪解け水が流れだして、木々や大地は緑の芽をいっせいに吹き、ヒバリがピーチクパーチクというかまびすしい鳴き声をたてて、春先の冷たい空気をふるわせている――。こんな情景がビビッドに描かれています。

ただし、この動画はジャズアレンジで、スローでメロー(-_-)

メロディーがきれい。大好きな曲です。この旋律の作者たる草川信さんは、「夕焼小焼」や「汽車ポッポ」の作曲者としても知られています。

[スポンサード リンク]

「紅葉」の動画と歌詞

紅葉の歌詞

昔から紅葉の季節にはもみじ狩りを楽しんできた日本人の心の歌、それがコレ。目をつむると、目が覚めるような朱色や金色におおわれた山々がありありと浮かんできますよネ。

碓氷峠ちなみにこの歌の舞台は、長野県の碓氷峠(うすいとうげ)という場所だそうです。どんな場所かしらん、と思ったもので、写真を探してみました。

蛇足ですが、「(紅葉)もみじ」というのはカエデのことです。カエデが赤く染まることを「紅葉(こうよう)」といいます。黄色くなるのはイチョウ。イチョウが黄色くなることは「黄葉」と書き、こっちも「こうよう」と読みます。秋になったら、物知り顔でだれかに教えてあげましょう。

明治44年(1911年)に生まれた歌です。

「虫のこえ」の動画と歌詞

虫のこえの歌詞

秋になるとモソモソと這いだしてくる虫たちが主人公。ポップでナイスなソングです。子どものころ、この歌を何度も口ずさんで、秋の昆虫がそれぞれどんなふうに鳴くか覚えこんだもンです。わ、なつかしー。

秋になるたび、この曲に登場する虫を全部つかまえて本当にそんなふうに鳴くかどうかたしかめてやろうと意気込んだものですが、くつわ虫と馬おいには一度もお目にかかったことがありません。もう死ぬまで見ることはなかろう、と思います。

当時の国語の教科書に載っていた詩に、文科省が曲をつけたそうです。明治43年(1910年)作。小学校の唱歌として愛されてきました。

「背くらべ」の動画と歌詞

背くらべの歌詞

大正8年(1919年)にできた歌で、最初は女の子向けの読み物雑誌に発表されたとか。作曲家は、中山晋平という人です。ほかに「シャボン玉」とか「アメフリ」なんかをつくった人。詩は、「おもちゃのマーチ」の海野厚さん。

7人兄弟だった海野さんは、生家の光景をこの詩にまとめたそうです。昔は、本当に柱に傷をつけて身長をはかっていましたよね。うちもそうでした。だから、実家に帰ると、いまでもわたしの成長の記録がお風呂場の柱に残っている。

この曲が流れてくると、なぜだかわかりませんがカツオとワカメが頭に浮かびます。

「シャボン玉」の動画と歌詞

シャボン玉の歌詞

「シャボン玉」は作詞家、野口雨情さんの作品。大正11年(1922年)作。明るい曲調ですが、ご存知のとおりです。生後8日でなくなった長女をしのんで書かれた詩です。だからでしょうね、なんとなくもの悲しい……。

当時は医療技術が現代とくらべると未熟で、食糧事情もよくなかったため、多くの赤ちゃんや子どもが成長を待たずしてなくなっていた。だから、わたしらの親や祖父母の世代は兄弟姉妹が多かったンですね。何人産んで何人生き残るか、という厳しい時代だったわけです。

小さな命がもうこれ以上、シャボン玉みたいに消えてしまわないように、という願いを、作者の野口雨情はこの歌にこめた。やさしい人だったそうです。

「七つの子」の動画と歌詞

七つの子の歌詞

これも野口雨情さんの作品。野口雨情さんが優しい方だ、ということは、この歌の歌詞からもよくわかる。

だって、カラスなんてみんな大嫌い。とくにこの歌のモデルのハシボソガラスは、鳴き声は「カアー、カアー」どころか、「ガアッ、ガアッ」です。それを「可愛、可愛」といっている、というのですからね。

ちなみに、不幸の象徴とか地獄の使いとまでいわれるカラスですが、わたしらのご先祖さまは神様の使いだと信じていたそうです。いまでも「八咫烏(ヤタガラス、3本足のカラス)」を奉(まつ)る神社もありますしね。犬猫よりずっと賢いですし。

大正10年(1921年)の作品。小ガラスが7羽いる、とずっと思っていましたが、調べてびっくり! 小ガラスは1匹でした。その子が7歳なンだそうです。

[スポンサード リンク]

「めだかの学校」の動画と歌詞

めだかの学校の歌詞

昭和25年(1950年)に発表された曲。比較的新しめですネ。

この詩を書く数年前、作詞家の茶木滋さんは6歳の息子さんと用水路沿いを散歩していました。そのときメダカを見かけたので近寄ってみたら、メダカたちがさっと逃げてしまった。すると、息子さんが、「ここはメダカの学校だから、そのうち戻って来るよ」といったのだそうです。

そのひとことに着想を得て、この詩が誕生したといいます。それを知って、わたしは、ほほう、と感心したものです。だって、親をやっていればそんなこと日常茶飯事。でも、わたしの脳みそから、子どもを癒やす、こんなふわっとした詩は飛びだしてはこない。

クリエイターって、昔もいまもアンテナの感度が、常人とは別次元なのでしょうネー。

「この道」の動画と歌詞

この道の歌詞

これも大作曲家、山田耕筰さんの作品。昭和2年(1927年)作。

歌詞を書いたのは、こちらもチョー有名人、北原白秋さん。彼は樺太へ旅行し、その帰り道に札幌へ足を伸ばした。そのとき感じたことを詩にしたためたといいます。

なにもかも知っている風物だといい、母親と馬車で来たことがある、とまでいっていますが、じつは「そんな気がする」という話。なにしろ、白秋さんの出身地は九州。札幌に行ったのはそのときが初めてだったそうですからね。

つまり、デジャブ(既視感)がテーマ。斬新ですねー。それにしても、札幌のなにが九州の故郷を彷彿させるスイッチを入れたのでしょうか。わたしも札幌に行けばそういう気分なるのかしら、といろいろ想像がふくらみます。

そうそう、山査子はこれ。

山査子

さいごに

いかがでしたでしょうか。

この記事を書くにあたって、童謡のことをいろいろ調べているうち、その奥深さをあらためて実感した次第です。一つひとつの歌には当然、いろいろと背景がありドラマがあるのです。

いろんなバージョンを繰り返し聞いているうち、心が洗われるような気持ちになりました。

人生のけもの道に迷い込んでしまった、なんて方は、ここでご紹介した童謡に心魂傾けてみると、何かが変わるかもしれませんヨ。

 

【この記事にある歌詞】夕焼け小焼けの あかとんぼ 負われて見たのは いつの日か山の畑の 桑の実を 小篭につんだは まぼろしか 十五で姐やは 嫁に行き お里のたよりも たえはてた 夕やけ小やけの 赤とんぼ とまっているよ 竿の先 ゆうやけ こやけの あかとんぼ おわれて みたのは いつのひかやまの はたけの くわのみを こかごに つんだは まぼろしか じゅうごで ねえやは よめにいき おさとの たよりも たえはてた ゆうやけ こやけの あかとんぼ とまっているよ さおのさき 兎追いし かの山、小鮒釣りし かの川、夢は今も めぐりて、忘れがたき 故郷。如何に住ます 父母、恙なしや 友がき、雨に風に つけても 思い出ずる 故郷。志を 果して、いつの日にか 帰らん、山は青き 故郷。水は清き 故郷。うさぎ おいし かのやま こぶな つりし かのかわ ゆめは いまも めぐりて わすれがたき ふるさといかにいます ちちはは つつがなしや ともがき あめに かぜに つけても おもいいずる ふるさと こころざしを はたして いつのひにか かえらん やまは おおき ふるさと みずは きよき ふるさと どこかで春が生まれてる どこかで水が ながれ出す どこかで雲雀が啼いている どこかで芽の出る 音がする 山の三月 東風吹いて どこかで「春」が 生まれてる どこで はるが うまれてる どこかで みずが ながれだすどこかで ひばりが ないている どこかで めのでる おとがする やまの さんがつ こちふいて どこかで はるが うまれてる 秋の夕日に 照る山紅葉、こいもうすいも かずある中に、松をいろどる 楓や蔦は、山のふもとの 裾模様。谷の流れに 散り浮く紅葉、波にゆられて 離れて寄って、赤や黄色の 色様々に 水の上にも 織る錦。あきの ゆうひに てる やまもみじ こいも うすいも かずある なかに まつを いろどる かえでや つたは やまの ふもとの すそもようたにの ながれに ちりうく もみじ なみに ゆられて はなれて よって あかや きいろの いろ さまざまに みずの うえにも おる にしき あれ松虫が 鳴いている。ちんちろ ちんちろ ちんちろりん。あれ鈴虫も 泣き出した。りんりんりんりん りいんりん。秋の夜長を 鳴き通す ああおもしろい 虫のこえ。きりきりきりきり こおろぎや。がちゃがちゃ がちゃがちゃ くつわ虫。あとから馬おい おいついて ちょんちょんちょんちょん すいっちょん。秋の夜長を 鳴き通す ああおもしろい 虫のこえ。あれ まつむしが ないている ちんちろ ちんちろ ちんちろりん。 あれ すずむしも なきだした りんりんりんりん りいんりん あきの よながを なきとおす ああ おもしろい むしのこえきりきりきりきり こおろぎや がちゃがちゃ がちゃがちゃ くつわむし あとから うまおい おいついて ちょんちょん ちょんちょん すいっちょん あきの よながを なきとおす ああ おもしろい むしのこえ 柱のきずは おととしの 五月五日の 背くらべ 粽喰べ喰べ 兄さんが 計ってくれた 背のたけ 昨日くらべりゃ 何のこと やっと羽織の 紐のたけ柱にもたれりゃ すぐ見える 遠いお山も 背くらべ 雲の上まで 顔出して てんでに 背伸びしていても 雲の帽子をぬいでさえ 一はやっぱり 富士の山 はしらの きずは おととしの ごがつ いつかの せいくらべ ちまき たべたべ にいさんが はかってくれた せいのたけ きのう くらべりゃ なんのこと やっと はおりの ひものたけはしらに もたれりゃ すぐみえる とおい おやまも せいくらべ  くもの うえまで かおだして てんでに せのび していても くもの ぼうしを ぬいでさえ いちは やっぱり ふじのやま シャボン玉 飛んだ 屋根まで 飛んだ 屋根まで 飛んで こわれて 消えたシャボン玉 消えた 飛ばずに 消えた 生まれて すぐに こわれて 消えた風 風 吹くな シャボン玉 飛ばそ しゃぼんだま とんだ やねまで とんだ やねまで とんで こわれて きえたしゃぼんだま きえた とばずに きえた うまれて すぐに こわれて きえたかぜ かぜ ふくな しゃぼんだま とばそ 烏 なぜ啼くの 烏は山に 可愛 七つの 子があるからよ可愛 可愛と 烏は啼くの 可愛 可愛と 啼くんだよ 山の 古巣へ いって見て御覧 丸い眼をした いい子だよ からす なぜなくの からすは やまに かわい ななつの こが あるからよかわい かわいと からすは なくの かわい かわいと なくんだよ やまの ふるすへ いってみてごらん まるい めをした いいこだよ めだかの学校は 川のなか そっとのぞいて みてごらん そっとのぞいて みてごらん みんなで おゆうぎ しているよめだかの学校の めだかたち だれが生徒か 先生か だれが生徒か 先生か みんなで げんきに あそんでる  めだかの学校は うれしそう 水にながれて つーいつい 水にながれて つーいつい みんなが そろって つーいつい めだかの がっこうは かわのなか そっとのぞいて みてごらん そっとのぞいて みてごらん みんなで おゆうぎ しているよめだかの がっこうの めだかたち だれが せいとか せんせいか だれが せいとか せんせいか みんなで げんきに あそんでる めだかの がっこうは うれしそう みずに ながれて つーいつい みずに ながれて つーいつい みんなが そろって つーいつい この道は いつか来た道 ああ そうだよ あかしやの花が 咲いてるあの丘は いつか見た丘 ああ、そうだよ ほら 白い時計台だよ この道は いつか来た道 ああ そうだよ おかあさまと 馬車で行ったよ あの雲は いつか見た雲 ああ そうだよ 山査子の枝も 垂れてる このみちは いつか きたみち ああ そうだよ あかしやの はなが さいてるあのおかは いつか みたおか ああ そうだよ ほら しろい とけいだいだよ このみちは いつか きたみち ああ そうだよ おかあさまと ばしゃで いったよ あのくもは いつか みたくも ああ そうだよ さんざしの えだも たれてる




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>