5か月(16、17、18、19週)


妊娠5か月の妊婦さんいよいよ安定期に入りました。個人差はありますけれど、悪夢のようなつわりも治まり、ドライブや旅行なんか楽しむ余裕がでてきますヨ。

自宅にひきこもってばかりいないで、お散歩やピクニックに出掛けたり、マタニティスイミングやマタニティヨガといった、妊娠中でないと体験できないマタニティエクササイズを思いきり楽しんでくださいネ。

おなかのふくらみが目立ってきますから、電車やバスで席を譲られることも。早い方は胎動を感じることもあります。妊娠中期に入り、妊娠生活にも慣れ、気持ちが落ちついてきます。

赤ちゃんの状態

妊娠5か月の退治の超音波写真

身長約20~25cm、体重150~300g。

お母さんの身体からどんどん栄養を吸収し、めきめき成長しています。頭の大きさは鶏卵程度になりました。2頭身だった身体は3頭身になりました。

脂肪がついて、全身がまるみを帯びてきます。筋肉と神経が発達し、羊水のなかを元気に動きまわったり、指先を器用に動かしたりできるようになります。心臓も強くなりました。超音波で、しっかりとした鼓動が確認できますヨ。

19週目に入ると、全身にうぶ毛(胎毛といいます)が生えてきます。髪の毛やまゆ毛、爪も伸びてきます。

筋肉や骨格がしっかりして、神経が発達してきますから、赤ちゃんは「ママのおなかのなかって、ぬくぬく~」とか感じていますヨ。

赤ちゃんが活発に動くようになり、おまたを目視しやすくなっています。性別を知りたくないという妊婦さんは、お医者さまにその旨をかならず伝えておきましょう。

[スポンサード リンク]

ママの変化

成人の頭くらいの大きさの胎児乳頭が黒ずんできて、乳房と乳腺が発達します。

乳房をぎゅっと絞ると、お乳が出る方もいるようです。子宮は大人の頭くらいの大きさにまで成長。早い方は、胎動を感じることができます。

経産婦さん(お産経験のある方)は胎動を感じやすいのですが、初産の方は6か月に入ってからが多いです。

つわりが治まると、ウソのように食欲が湧いてきます。このため、皮下脂肪が増えて、1か月1kgくらいのペースで体重が増えていきます。下腹部が目に見えてふくらんで、体型は妊婦さんらしくなってきます。

からだの重心の位置が変わるので、一時的に腰痛が起こることがありますが、この時期の腰痛はからだが慣れて自然におさまっきます。どうしてもつらいという妊婦さんは、腹帯でおなかを下から支えてあげると楽になりますヨ。

戌の日のお参り蛇足ですが、妊娠5か月の戌の日に腹帯を巻き始めるというのが、わが国の伝統的な行事。犬は安産で多産なので、それにあやかろうということだそうです。つわりのせいであまり気乗りがしなかったのですが、わたしも母にすすめられて、戌の日に安産祈願のお参りをし、帯祝いをおこないました。想像以上に楽しかったので、おすすめです。

ちなみに、母から贈られた腹帯は、伝統的なさらしの腹帯で、実用的ではありませんでしたから、ワンタッチで装着できるガードルタイプを自分で買って使いました。

妊婦用腹帯ワンタッチ妊婦帯
私が使っていた、妊娠中の冷え対策にうってつけの腹帯です。ワンタッチテープのベルト式だから調節も楽。つけはずしも楽ちん。おなかを支えてくれて、腰も楽になります。

話をもとに戻しますネ。この時期は赤ちゃんの発育を考えて、バランスの取れた食生活を送り、しっかり栄養を摂ることが大切です。貧血になりやすいので、鉄分は意識的に摂取しましょう。

適度な運動も必要です。妊娠中にしか体験できないスポーツも少なくありません。マタニティスイミングやマタニティヨガなどですね。楽しんでください。妊娠中にきちんと運動していた妊婦さんは、そうでない方よりお産が楽になり、分娩時間も短くなることがわかっています。

[スポンサード リンク]

母親学級や両親学級のスケジュールをチェックして、積極的に参加してみてください♬

両親学級と母親学級とは?

自治体や病院、助産院がプレママとプレパパのために開催している、妊娠や出産、育児に関する勉強会です。2~4回のコースが多く、1回目は安定期に入ったこの時期に開かれることが多いようです。専門家の話を聞ける貴重な機会ですから、かならず参加しましょう。先輩ママの体験談が聞けることもあります。参加すれば、ママ友ができます。

どんなことが学べるの?

妊娠生活の送り方から、妊婦さんに理想の食生活、母子保険制度、妊婦体操、おっぱいのお手入れ方法、歯科衛生、お産の進み方や呼吸法、陣痛の対処方法、新生児のお世話の仕方まで、多岐にわたります。

パパは参加したほうがいいの?

多くの病院は、立ち会い出産を希望しているパパに、両親学級への参加を義務づけています。そうでなくても、受講すれば妊娠や出産への理解が深まり、親の自覚が芽生えます。

分娩する病院は遅くともこの時期には決めてしまい、分娩予約を入れておくとベター。お部屋の模様替えや大掃除など、赤ちゃんを迎える準備をはじめるのもこの時期です。

パパができること

パパとママの絆赤ちゃんが生まれてくる実感がまだ湧かない、というパパは、ママのおなかに手のひらやほっぺたをくっつけて、胎動を感じてみてください。どうですか(笑)。

この時期の妊婦さんは、腰痛になりやすいですから、時間のあるときはぜひマッサージしてあげてください。

ママと連れだって、両親学級に参加してみることを強くおすすめします。妊婦さんのおなかと同じ重さのおもりをつけて、妊娠の疑似体験ができるところもあります。

 

photo credit: Tammy McGary via photopin cc photo credit: jordy clarke via photopin cc





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>